• mikiynot

ハッチクリームを作ってみた

プチ養蜂をやっていると、たくさんはないけれど、色々な副産物が生まれてくる。

それを使って、いろいろなものが作れます。


例えば、これはハッチクリーム。蜜蝋と、良質なオイルと、精製水でできていて、ホイップしてあるのでちょっと見、食べものか!と思ってしまいます。保存料を使っていないため冷蔵庫で保存しているので、特に見マツガい注意ですネ。(容器に注ぐとき、モタモタしてたら『追いホイップ』になってしもた 汗)


オイルも、精製水も、できるだけ純度の高い品質の良いものがもちろんいいので、オイルはホホバオイルとか、まだキヨミズしてないけれど、お高いアルガンオイルとか。


精製水はイギリスではどうやって手に入れたらいいか実はまだ分からなくて、最初は飲料水として売っているボトルのエビアンや、炭酸水も使ってみたなぁ。


作りやすい量だと結構たくさんできるので、ワシワシ使って、使い切ったらまた作る。の繰り返しで、そのたびに微妙にバージョンを変えています。前回は閃いて、水分として、製菓などに使うボトル入りローズウォーターを入れてみました。


今回は、オレンジブロッサムウォーター。どちらもトルコなどの中東系ショップで簡単に手に入ります。オイルはアーモンドオイルとココナッツオイルのミックスにしてみました。


一定の温度に調整した原材料をスティックブレンダーで、ガーッッとかき混ぜると空気を含んで乳化して、あっというまにホイップボディーバターのできあがり。使ってると水分のポケットが生まれて、分離してくるところもあるけど気にせず、時々逆さにして振って水分を落としたりしながら(笑)スパチュラでとって擦り込む。ローズウォーターはなかなか繊細な香りでよかったけど、今回は少しだけローズマリーの精油を入れる。ココナッツオイルの香りもあり、なかなか複雑なアロマぶりでお気に入り。


コロナ感染予防に石鹸で手を洗う機会も増えて、なかなか重宝してる。

小さな身の回りのものばかりだけどできれば、なんでも自力で作りたいペリーヌ派(わかる人にはわかる!)なので(笑)、自己満足なんですケドネ。


もう一つ、巷で最近流行っている「ラップがわりに使える蜜蝋シート」。


私もラップの使用量を減らしたくて、これも作ってみました。

材料は蜜蝋だけ、蜜蝋とオイル、蜜蝋とオイルと松脂‥などググってみるとレシピがほーんとに色々あって、でも曲がり加減というか、硬さが程よいというので松脂パウダーを取り寄せて、蜜蝋+オイル+松脂で。


このレシピは、イギリスの養蜂家協会の月刊誌からで、なぜこのレシピなのか、など3ページに渡る解説があって、ス・テ・キ ❤ 早速作ってみよーと喜び勇みましたヨ。(写真は最新号)



配合の分量を変えると、封書用の封蝋も作れるらしく。私は結構、封蝋好きなのでこれもいつかやってみようと思ってます。